七味の作り方

七味唐辛子の作り方

七味唐辛子は、地方、店舗によって材料や調合が変ります。

元来は呼び名も分かれます。関東では、なないろとうがらし
関西での呼び名が、しちみとうがらし、なのですが
流通のあまりの早さのせいでしょうか?

現在はしちみとうがらしと読むのが多勢です。

ときおり、「なないろをおくれ」、などと言われると、
とても頑固な先代を思い出します。

調合する原料に加えるひと手間がその店の特徴であり、

その調合割合の匙加減が店の味です。

浅草鏡商店の七味唐辛子は以下の七つの調合です。

鷹の爪と呼ばれる鷹系の唐辛子です。辛味の強い品種(赤唐辛子)を使います。
乾燥させて、1.8mm裁断して一味にもに使います。

1.8mmの唐辛子をごま油で焙煎したものです。
焼くことにより辛みは落ちますが、香りが一段と良くなります。
これが入ることによって、江戸前の七味唐辛子になります。
当店のコクの主役です。

熟したみかんの皮を干したもの。

特にウンシュウミカンの果皮を乾燥させたものをこう呼ぶます。
独特の爽やかな柑橘の香りはなんとも言えませんよね。

秋になると山椒の実が熟して皮が2つに割れます(割山椒)。実は固くて食べられないのですが、 皮に芳香があるのでこれを粉にして使います。


ご存知、ウナギのかば焼きにかける香辛料です。
辛さも増しますが、香りが鼻腔をくすぐってたまりません。
お好きな方は、山椒強めで!!

アオサ科アオノリ属の海藻を熱風乾燥させたものです。
これがまた良いのです。
辛味の中に海の風が訪れますよ。

カリッと噛んだときの歯ごたえの快感と、ピリッとくる芳香感が特徴です。

油分の多い白ゴマと香りが芳香な黒ごまを8対2の割合で調合いたします。
味のまとめ役であり、七味唐辛子の味自体を上げてくれます。


この原料に更にひと手間を入れて当店の七味の材料の出来上がりです。

この七つを使い調合、そして唐辛子の分量を変える事により、
中辛、辛口、大辛(おおから)
と分類されます。

辛さを出すのが、唐辛子、焼き唐辛子、山椒です。

芳しさを出すのが、唐辛子、焼き唐辛子、山椒、チンピ、青海苔、ゴマに麻のみ、ありゃ全部ですね。
そして食感がゴマと麻の実となります。


全ての香り、風味を楽しむなら中辛を

辛味の刺激を求めるなら大辛を

どちらも楽しみたい方は辛口を

また辛味のみを追求のハードの方には、最上の一味唐辛子を用意しております。